スマホで箱ワナを遠隔操作【スマシシ】ベーシックキット 電源保護回路内蔵

スマホで箱ワナを遠隔操作【スマシシ】ベーシックキット 電源保護回路内蔵

販売価格: 147,000円(税別)

在庫数 3点
数量:

商品詳細

スマホで見ながら箱ワナ(箱檻)のゲートを音声で落とすことができる装置です。

 

 

 スマホで箱ワナの様子を見ながら、入ったところでゲートを落とします。

 

 

バージョンアップしました!

 

モバイルルータ不要のSIMカード仕様カメラを使います。カメラは防水・ナイトビジョン撮影可能です。

 

 

これまではモバイルルータでネットワークカメラを接続していましたが、SIMカード仕様のネットワークカメラを使うことでルータ不要となりました。

 

 

特許出願中(特願2017-150335)です。

 

 

 

 

本装置は、すでにお持ちの箱ワナ(箱檻)に取り付けて動作させます。

 

狩猟者の皆さまは、すでにたくさんの箱ワナ(箱檻)をお持ちと思いますが、あまり使われていません。理由は獲れない、箱ワナに入らないせいです。

最初は入ったはずですが、獲物は学習をします。イノシシは群れで行動するので、一部を取り逃がしたら二度と入ることはありません。この装置は、箱ワナの様子を見ながら、群れ全部が入ったことを確認して動作させることができます。

トリガーライン(仕掛け線)がないので、学習した獲物もエサを食べに入ります。

 

 

 

 

 

 

装置一式は、電動トリガー装置、SIMカード仕様ネットワークカメラ、防水制御箱、小型バッテリー、ゲートを吊り下げるワイヤーから構成されます。

 

カメラは防水仕様です。 

 

 

 

ご準備いただくもの 

 

*SIMカードをご準備下さい。格安のいちばん小さなものでいいと思います。(月額900円程度)

 

カメラ内に以下のAPN情報(接続先情報)がインストールされています。この中から選択いただくと設定が簡単です。

 

 

 

使用方法

 

複数の箱ワナにエサを入れて、獲物が食べに来るようになったところに設置をして動作させます。装置は小型ですし、セットは簡単です。

下の動画の場合、5分でセット完了でした。

 

ゲートを落とす日に箱ワナに取り付けます。

 

ベーシックキットにはカメラ・制御部を固定する三脚、バッテリー等が付属していません。付近の木や杭をご利用下さい。

 

 

設置方法

 

すでにお持ちの箱ワナに固定バンド(付属)で電動トリガーを固定します。

 

 

ワイヤーでゲートを吊り下げて、電動トリガーに掛けて固定します。

 

Webカメラは近くに獲物が来ると指定のスマホにショートメールで知らせてくれます。 

 

下の動画のように、スマホで見ながら、「落ちろ」と声を出すとゲートを落とすことができます。

 

 

 

 

ご用意いただくもの

 

1・SIMカードをご準備下さい。格安のデータ専用カードでいいです。

2・動作用スマホが必要です。パソコンで動画を見ることはできますが、動作音声はスマホからでないと送ることができません。AndroidでもiPhoneでも動作可能です。

3.長時間、動作をさせるには大型バッテリーをご準備下さい。(付属のバッテリーは一晩しか使えません)

 *連続長時間運転はWiFi回線が切断する場合がありお薦めしません。その場合、電源を入れ直す必要があります。

 *オプションで間欠タイマー(リセットタイマー)の販売を開始しました。ご利用ください。

 

 

 

 

 

セットアップ

 

ご準備いただいたSIMカードをネットワークカメラに入れます。

 

 現在、国内で販売されてるWebカメラの中でいちばん簡単で高性能なスマカメを使用しているので簡単です。

 Webカメラから出ている電動トリガー制御ラインに接続するだけで動作させることができます。

 

 

バッテリー容量

 

付属しているバッテリーは12V7.2Ahの小型のものです。一晩は使えることが実証されています。ワン・ナイト仕様です。

 

上記、スマカメ・メーカーサイトで記載があるように、モバイルバッテリでも一晩の使用は可能です。6AH程度の消費のようです。24時間連続運転で20AH程度の消費があります。夜間だけセットするなら、昼間にモバイルバッテリーを充電することで動作可能です。

普通車で使っている40Ah程度のバッテリーを使った場合、3日程度は連続運転が可能でした。(使用状態によって変化します)

 

バッテリー保護回路内蔵

あまりにバッテリーを過放電で壊す方が多いので、保護回路を内蔵しました。

10.5V程度まで電圧が落ちると、自動的に電源をOFFします。

 

充電ができると自動復帰します。

 

 

当社でテストをした結果、70AHのバッテリーと20W+50Wのソーラーパネルで連続運転が可能でした。(日照によります。2月〜5月までテスト)

*SIMカメラによる連続長時間運転はWiFi回線が切断する場合がありお薦めしません。その場合、電源を入れ直す必要があります。

 *オプションで間欠タイマー(リセットタイマー)の販売を開始しました。ご利用ください。

 

 

通信データ量

 

モバイルルータのデータ量は、スマホ側からアクセスした時だけ発生します。そのためあまり大量のデータ量にはなりません。使い始めは面白くて多めになりますが、当社が試作段階でほぼ毎日アクセスしているときでも月あたり4ギガ程度でした。

従いまして、SIMカードはデータ通信用のいちばん安いものでいいと思われます。

 

夜間撮影

本装置に使用しているWebカメラは「スマカメ・ナイトビジョン」を使用しています。

 

メーカーサイトはこちらです。

 

動作をさせるために当社でカメラを改造しています。そのためメーカー保証を受けることができません。初期不良に関しましては当社が責任を持って対処させていただきます。

 

 仕様

電源電圧:12V

カメラ電源 :5V PLANEX社製スマカメ改 夜間撮影可能 動体検知機能 SMS送信機能

WiFi: IEEE802.11/n/g/bに準拠 

動画圧縮:H・264に対応 

音声動作:100〜400Hzに対応

 

 

 

納期

本機は受注生産品です。3〜4日程度の納期が必要です。

 

 

 

セットアップ補助

 

スマホの操作に関しては各メーカーのサポートをご利用ください。(各メーカーのたくさんの機種の取扱方法をすべて知ることが当社にはできません)

 

 

スマカメ体験

 

現在、当社がテスト中の実際のスマカメ動作を体験できます。(ゲートを落とす操作はできません。時間によっては動作してない場合があります)

 

↓   こちらから各OSごとのアプリがダウンロードできます。

 

  

 

ダウンロードできたら、「カメラ」追加で実際のスマカメ画面を体験可能です。当社までご連絡いただいたら、現在、お試し動作中スマシシの基本設定内の「UID]及びパスワードをお知らせします。

 

設定画面から「カメラ追加」を選んで下さい。(画面はパソコン版です)

 

 

 

 

 

 

下の動画は電動トリガーの動作状況です。